フロアコーティングによる居住性の向上と注意点

バナー

フロアコーティングによる居住性の向上と注意点

フロアコーティングは建物の床に薬剤を塗布して皮膜を作り、外部からの刺激による劣化を防ぐための処置です。フローリングや樹脂マットなどの床材は表面が滑らかで見栄えが良い反面、傷や汚れによる劣化が生じやすい欠点があります。

毎日の生活の中で床にかかる負荷は大きく、傷や汚れが頻繁につくことで劣化も進みやすいことから見栄えの良さの維持や床材の保護の目的でフロアコーティングを行うケースが多数を占めます。

フロアコーティングは外部からの刺激の緩和だけではなく撥水性を大きく向上させる効果があります。


水濡れは床材を腐食させる原因になるので、皮膜で覆うことで水を弾いて綺麗に拭き取ることが可能になります。また、皮膜によって床材の微小な凹凸が塞がれるので細かい汚れが床に染み込まず、変色が生じないのも大きなメリットです。

フロアコーティングによって床材の保護と清掃の簡略化が可能になることから、より住み心地の良い環境を創り上げることができます。

フロアコーティングは床の傷みを防ぐことが出来る利点がある一方で、使用する薬剤の選択を慎重に行う必要があります。

千葉のフロアコーティングの情報を幅広く扱っているサイトです。

薬剤によっては乾燥に時間がかかるので塗布作業の際は注意します。

Girls Channelの初心者向けの簡単な紹介をしているサイトです。

形成された皮膜は引っ掻きや高熱などの刺激を繰り返し受けると劣化して剥がれてしまうので、定期的に塗り直しを行うことも併せて注意します。


塗り直しの作業は塗りムラが生じやすいので必ず専門業者に作業を依頼するのが居住性を維持するための賢明な対処法です。



Copyright (C) 2016 フロアコーティングによる居住性の向上と注意点 All Rights Reserved.