賃貸駐車場で当て逃げされたなら

subpage-img

自宅の駐車場であるならば、車が傷付けられたり当て逃げされたりするという心配はほとんどありません。

自立立体駐車場の情報はここで調べよう。

しかしこれが賃貸駐車場であるならば事情が異なります。



賃貸駐車場で何かトラブルがあった場合にはどのように対処するのが最善といえるのでしょうか。何か起きた場合にはその駐車場を管理している管理会社に連絡を取るようにします。


そして警察にも連絡を取るようにします。しかし、公道で起きたものとは異なり、私有地の場合は警察は介入しません。


もちろん記録を作ってもらうことはできます。
しかし原則はぶつけた側とぶつけられた側が話し合って解決してゆく必要があります。
ですから、解決という面では警察をあてにすることはできません。それでは管理会社に責任を取ってもらうということができるのでしょうか。

そうできるかどうかは契約書によります。しかし契約書には多くの場合、駐車場内で起きたトラブルは一切保証しないと書かれています。


ですから管理会社に何らかの責任を負わせるということは無理と考えておいた方が良いといえます。



もちろん、ぶつけた相手が特定できているならば、その相手に補償を求めることができます。しかし相手が特定できないならば、そしてある程度修理が必要であるならば、自分の保険を使うということができます。
任意保険や車両保険を使うことができます。

ただし程度はどのような契約かによって異なってきます。その点については保険会社に尋ねてみることができます。

しかし保険を使うならば、翌年から保険等級が変わるということも思いに留めておく必要があります。
つまり保険料が増額されるということです。
その覚悟は必要だといえるでしょう。


top